UXDE dot Net

新しいiPadの綺麗なRetinaディスプレイを堪能するなら光沢タイプ(グレアタイプ)の液晶保護フィルムがいいかも

液晶保護フィルムを選ぶ際に選択として光沢のある「グレアタイプ」にするか非光沢の「アンチグレア」にするかが挙げられると思いますが、実際新しいiPadに貼ってみたところ後者を選んだ方がよさそう・・・と思える事があったのでご紹介です。

iBUFFALO iPad2用 液晶保護フィルム 気泡「0」イージーフィット ホワイト BSEFIPD2WH

あたらしいiPad発表時に液晶サイズがiPad2と同じとわかったので、本体の予約と同時に液晶保護フィルムを買っておいたんですが、選んだのはバッファローコクヨサプライの「iPad 2用の液晶保護フィルムイージーフィットBSEFIPD2」という「誰が貼っても絶対気泡ができない」アンチグレアのフィルム。

実際貼ってみると本当に全く気泡が入りません。
特に注意して貼らなくても本当に気泡0!
フィルムに気泡がまったく入っていない

なんで気泡が入らないかというと、フィルム部分には接着剤が付いておらず「気泡を閉じ込めてしまう」という要素がありません。
そして縁(ふち)の部分だけドット状に接着剤が付けられていて、たとえ空気が中にあってもこのドットの隙間から自然に出て行きます。

と!ここまではよかったんですが、貼り付けてから画面を見ると細かいチカチカしたようなノイズが・・・。

写真ではわかりにくいですが、上がフィルムをつけた状態で下が剥がした状態。
非光沢(アンチグレア)の液晶保護フィルムを新しいiPadに貼った時の画面

フィルムありなしの比較

上で書きましたがフィルムには接着剤が付いていないため液晶画面に密着しているわけではなく、目ではわからない位のほんの少しの隙間が空いています。
この距離が画面の乱反射の原因になってしまっているようでした。

いままでのiPad・iPad2のようなドットの大きなディスプレイなら気にならないレベルのようですが、Retinaディスプレイの場合は細かいドットがチカチカしてかなり気になってしまうレベルに。

しかし上記した事はこのフィルムが悪いのではなく「iPad2」用として販売されているものを新しいiPad用に使おうとした自分が間違っているわけで、iPad2に使うには本当にいいものだと思います。
気泡が入らないことに加え触り心地も良く、指の滑りがいいので操作にストレスを感じません。

ということで残念ですが光沢タイプ(グレアタイプ)の密着するフィルムに買いなおすことにしました。
なぜ光沢タイプにするかというとこの記事「新iPadの液晶保護フィルムはグレアとアンチグレアのどちらを買うべきか?」によると、ノングレアの場合は若干ぼやけた映りになってしまうようです。

新しいフィルムを買った際にはまた記事でお伝えします!

なお次購入するフィルムはiPhoneのRetinaディスプレイで評価の高いパワーサポートのAFPクリスタルフィルムセット for iPad2 PIS-01にする予定です。

追記:
パワサポのフィルム買いました!やはりとてもキレイに表示してくれています。
こちらの記事「Retinaディスプレイの美しさを損なわずに使える!新しいiPadの液晶保護フィルム」をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新しいiPadの綺麗なRetinaディスプレイを堪能するなら光沢タイプ(グレアタイプ)の液晶保護フィルムがいいかも
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]

1件のコメント to 新しいiPadの綺麗なRetinaディスプレイを堪能するなら光沢タイプ(グレアタイプ)の液晶保護フィルムがいいかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。