UXDE dot Net

海外でも活躍するデザイナー・吉岡徳仁さんのインタビュー記事

2004年のインタビューです。

吉岡徳仁(よしおかとくじん)さんは世界的に活躍する日本人デザイナーで、空間デザインやインテリア・家具などのデザインで知られてます。

1967年佐賀県に生まれる。
東京の桑沢デザイン研究所を卒業し、1987年から1988年まで倉俣史朗さんの下で、1988年から1992年まで三宅一生さんの下でデザインを学び、1992年に独立。
2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立しました。

イッセイミヤケの店舗デザインや日産、BMW、資生堂の空間デザイン、またイッセイミヤケやエルメス、MUJI、プジョーの展示などを手がけ、いずれも高い評価を得ています。

販売されている商品でユ名なのは“TOKYO-POP(トウキョウ・ポップ)”、“Honey-pop(ハニー・ポップ)”など。

展示会や空間デザインの概要です。
tokujin-yoshioka-japanese-designer2
2004年銀座メゾンエルメス

tokujin-yoshioka-japanese-designer3
2004年の作品KISSMEGOODBYE(キス・ミー・グッバイ)

tokujin-yoshioka-japanese-designer4
2003年の作品 ドリアデ(driade)のテーブル

tokujin-yoshioka-japanese-designer5
2003年の作品 ドリアデ(driade)TOKYO-POPのスツール

tokujin-yoshioka-japanese-designer6
2002年の作品 ドリアデ(driade)TOKYO-POPの椅子

tokujin-yoshioka-japanese-designer7
2003年 プジョーメタモルフォーゼでのプレゼン作品

tokujin-yoshioka-japanese-designer8
2000年 Nissanショールームのプレゼン企画

tokujin-yoshioka-japanese-designer9
ハニーポップのチェアー

tokujin-yoshioka-japanese-designer10
2000年の作品yamagiwa(ヤマギワ)のToFU

tokujin-yoshioka-japanese-designer1
デザイナー・オブ・ザ・イヤー2007 TORNADO

2004年4月13日のミラノで行われた対談(インタビュー)の内容です。

どんな時が1日で最高の瞬間ですか?
早朝の一人でいるときいろいろ考えている…
今よく聴いている音楽は?
アンビエント・ミュージック(環境音楽)
ラジオは聴きますか?
時々
ベッドサイドに置いてある本は?
置いてないです
どんなデザイン雑誌を読みますか?
いあまり多くは読みません
どこで新しい情報を得ますか?新聞?
テレビと新聞
女性の服はどんなものを選ばせますか?
特に好みはありません、女性に任せます
どのような服を好んできていますか?
いつでも普通にしていたいのでシンプルな服を着ています。
複雑なスタイルやエレガントなものは着ません
ペットは飼っていますか?
はい、チワワを!
子供の時デザイナーになりたかったですか?
はい、6歳のときから
どこでデザインしたり構想したりしますか?
どこでも、いつでも。
食べているとき、車を運転しているとき、寝るとき…寝ている時さえも
どのプロジェクトが一番よいと感じましたか?
イッセイミヤケとのコラボレーションの展示会「making things」
誰のために何をデザインしたいですか?
ぜひアーティストと組んで日本の温泉をデザインしてみたいです
他のデザイナーとディスカッションしますか?
しません、ただ技術者や研究者、大学教授とは行います
若い方々に何かアドバイスを
ありません(笑)

ソース:
designboom
吉岡徳仁デザイン事務所


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。